So-net無料ブログ作成
検索選択

裁判員裁判で猶予判決の男が窃盗 知的障害、更生計画準備中(産経新聞)

 強制わいせつ致傷罪などに問われ、裁判員裁判で保護観察付きの執行猶予判決を受けた男(28)が判決の約2週間後、自転車を盗んだとして窃盗容疑で現行犯逮捕されていたことが20日、分かった。自転車の所有者と示談が成立して不起訴処分となったため、執行猶予が取り消されることはないという。

 男に対する裁判員裁判は今年1月に大阪地裁で行われた。知的障害があったが、検察側は「再犯防止のため、厳しい処罰が必要」として懲役4年を求刑。裁判員らは「支援者がおり、社会での更生の機会を与えるべきだ」として、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年の判決を出した。

 弁護人を務めた弁護士によると、知的障害者の支援グループなどに支援の輪が広がり、男は今月1日に救護施設に入所。更生計画の準備中だった7日に現行犯逮捕された。弁護士は「犯罪という意識がなかったようだ。残念だが、改めて更生計画を立て、2度と犯罪を起こさないようにしたい」と話した。

【関連記事】
入所の男子生徒殴りけが 知的障害児施設に改善勧告
成年後見人の立場悪用、1200万円着服
幸満ちゃん事件 勝木被告の弁護団、無罪主張へ
裁判員制度で知的障害者らに「専門弁護士」 虚偽自白や誤解防ぐ
知的障害のある長男を絞殺 両親を逮捕

1月のPC出荷は4割増の84万台 「ウィンドウズ7」効果(産経新聞)
長崎知事に自公系・中村氏=民主推薦候補破る(時事通信)
<皇太子さま>外国訪問は周囲と相談し 50歳会見(7)止(毎日新聞)
議員報酬に成果主義、質問内容評価…熊本・五木村(読売新聞)
<埼玉県立大>男性講師を懲戒免職 リポート紛失や採点ミス(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。